癌患者の治療を支える家族の心得

年々増え続ける癌の患者数はとどまるところを知らず、右肩上がりと言えるでしょう。
年令別で見てみると、30歳までの患者数は全年代の1%未満で、30歳から40代で1割未満、50歳からが右肩上がりで60歳から80歳にかけて急激に増える傾向があり、85歳を超えたあたりから患者の数も減少しています。
20代では基礎代謝能力が優れ、細胞の生まれ変わりが活発なため、免疫力が高く、癌になる人が少ないと考えられます。
30代から40代にかけて多少増えてくる患者数ですが、この年代では男性患者は女性患者に比べて少くない傾向がみられます。
この年代には、女性特有の婦人科系の癌の発症が多くなることが、数字からも読み取れます。
逆に50代を境に男性患者が多くなる傾向もみられます。
癌の発見は通常、健康診断や自覚症状により病院で検査を受けることで、医師により伝えられます。
それまで他人事であっても、いざ自分の家族が患者になると本人はおろか家族もうろたえてしまいます。
患者本人はというと、頭が真っ白になり、次に死を考えるようになり、恐怖を覚える場合もあります。
家族は患者を亡くしたくない悲しさからうろたえ、精神的な第2の患者となってしまうこともあります。
医師による宣告を受けてから、手術や時にはつらい治療となることもあります。
治療の際に患者の気持ちは落ち込みますが、家族や知人の励ましや、ねぎらいの言葉が患者のストレスを少なくします。
患者は時には泣き、叫び、人にあたるといった行為に出る時があります。
その際も必ず否定はせずに、そばについて見守り、強く支えるような言葉を掛けましょう。
泣く、わめくという行為は実はストレス解消の効果があり、言い返すようなことや、患者につられて一緒に泣いてしまえば、患者のストレスにもなります。
親身になって治療方法を調べてあげることもよいでしょう。
近年、癌治療は様々な方法が取られるようになり、治療する病院や医療機関も増えてきました。
食事や生活でのサポートをし患者を励まし、患者と家族が一体で癌治療に望むことが、がん患者を支えるための家族の心得と言えるでしょう。

ヤフオク

ヤフオク!

開発中スカルプD

yahoo知恵袋

クラウドhttp://www.cloudsharedoffice.com/index